レーシック手術不可能の場合も!

レーシック手術といえば、安全でお手軽の誰でも受けられる手術というイメージがあるのですが、なんと眼の状態によっては断られることもあるんです。

どんな状態がNGかというと、角膜が薄すぎる場合です。イントラレーシックは角膜を削る手術で、視力が悪ければ悪いほど削る量が多くなってしまいます。

角膜を薄くしてしまう原因の一つといえるコンタクト。長期のコンタクトレンズの使用は角膜を薄くしてしまいます。視力が酷く悪い上に、コンタクトで眼を酷使していると、レーシックを受けたくても眼科の方に断られてしまう可能性があるのです。

逆に、どんな場合でも手術OKという眼科は怪しいので気をつけてくださいね。
思い立ったら吉日といいますが、イントラレーシックをやりたいと思ったら何年も悩まず、まずは眼科に行って検査をしてるのがいいのではないでしょうか。

サイトナビ
通信講座と在宅受験 レーシック手術不可能の場合も!

HOME > レーシック手術不可能の場合も!